闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ハント症候群<〜発症後1ヶ月>

<<   作成日時 : 2008/08/27 19:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ハント症候群の発症について振り返っています。
リアルタイムで書いていた日記はこちら。
浮上できず。
気分は上向き、症状はまだ。


7月7日(月)
通勤時間帯を避けるのと、ペインクリニックが予約制でないためできるだけ早く受付をすませるために早く家を出たかったが、すっきりと起きられず準備もてきぱきできず。
結局7時前くらいに家を出て電車は座れず。
乗換駅ですでにくたくたでそこからタクシーで病院へ。

<ペインクリニック>
先に後頭神経ブロック注射をして、そのあと星状神経節ブロック注射をして20分ほどそのまま安静。

帰りの時間帯の電車は昼間ですいているので座って帰宅。
それでもくたくたで家に帰ると即ふとんへ直行。
晩ご飯の時間になっても疲れはとれず、ご飯もあまり食べられず。
また、この頃からしゃっくりが出始め、なかなか止まらない。
ひどいときは1時間くらい。
しゃっくりの他、咳もひどく、痰も絡まない空咳なので苦しい。
連続した空咳の後しゃっくりが継続、なんてこともあって呼吸がうまくいかないことがある。
寝ている間に咳が出て起きてしまうことも。

7月9日(水)
この日は何とか早起きして電車で座れる。タクシーも使って、7時に病院に到着。
それでもペインクリニックは14番。
みんなどれだけ早く来てるんだろう・・
この日はステロイドのプレドニンが終わり、抗生剤のフロモックスもなくなるので耳鼻科も受診。

<耳鼻科>
ステロイドは予定通り終了で、追加はなし。
フロモックスも、喉の炎症が落ち着いたので終了。
耳の方はまだ赤みが残っているということですが、ヘルペスに対する薬はもう効かないのであとは自然に収まるのを待つのみと。
めまいも同様、めまい止めを飲みながら収まるのを待つのみ。
咳やしゃっくりについては専門外なので分からないと。。とりあえず喉の薬を出しますね、と。
処方:
 ムコダイン錠250mg  朝/昼/夕 各2錠
 ダーゼン錠10mg 朝/昼/夕 各1錠

咳は空咳なのに、普通に風邪薬だったのでちょっとショック。。

<ペインクリニック>
先週の金曜、今週の月曜とブロック注射を受けて帰った日にひどく疲れて晩ご飯もあまり食べられないくらいだったので、注射のせいかもと思い注射を中止することに。
それと、咳やしゃっくりもひどいので関係あるかも?と思っていましたが、注射後2日経っても変わらないということなら注射のせいではないだろうと。
注射の代わりとして、痛み止めとしてガバペンという薬を勧められました。
処方:
 ガバペン錠300mg 朝1錠

1錠で何も変わらないということなら朝晩で1錠ずつにしてもいい、と。

病院は午前中で終わりましたが、あまりにも疲れて帰りも乗換駅までタクシー。
最寄り駅は普通に歩いて5分かからないくらいのところですが、それすらきつく感じます。
結局疲れの原因は注射ではなく通院そのものだったようです。


7月10日(木)〜7月15日(火)
もうぐったりして食事とトイレ以外はずっと布団で横に。
月/火は少し起き上がれる感じ。
眠っていることがほとんどですが、咳やしゃっくりで起きてしまうことがしばしば。
食事は気が乗らず、でも薬を飲むために少しでも食べてから、と思いゆっくり。
小さめのコッペパン一つに30分以上かけて食べたり。

痛みはガバペンとロキソニンで抑えられている感じ。
すっきりはしないがだいぶ楽に。
めまいはめまい止め(メリスロン)が効いていない感じ。
歩くとふらふらで、横になると世界が回ります。
右目のまぶたが閉じないため、目が疲れて焦点が合わなくなります。
テレビやパソコンも休み休み。
右耳の聞こえも悪いまま。

7月16日(水)
前回の耳鼻科/ペインクリニック受診から1週間。
久しぶりに家を出て歩くと、めまいを実感。
自宅の最寄り駅までかみさんについてきてもらって、あとはエレベータやタクシーを使い、できるだけ歩く距離を短くしました。

<耳鼻科>
顔面麻痺外来。
一通り麻痺の状況のチェックと、耳の診察。
顔面マッサージは、発症から1ヶ月くらい経ってから始めるのがよい、ということで、今月末リハビリ科へいくことになりました。
顔面麻痺はそのマッサージといま飲んでいる薬の継続で対処。
めまいが相変わらずというと、対症療法しかないので、新たに追加で頓服の薬を出しましょう、ということになりました。
今はずっと家にいるので寝ていればいいのですが、眠気が強く出る人のいる薬なので、どの程度の眠気が出るかなど確かめるのもいいとのことで、処方してもらいました。
痛みは薬でだいぶおさまっているという感じがしていて、朝方痛み止めが切れたような感じで痛みを感じるので、継続して痛み止めを処方してもらいました。
その痛みが抑えられているからか、今度は耳の中がかゆくなるときがあって、思わず触って傷を付けてしまうことがあるので、軟膏を出してもらいました。
処方:
 メリスロン錠6mg 朝/昼/夕 各2錠
 アデホス顆粒10% 朝/昼/夕 各1包
 メチコバール錠500μg 朝/昼/夕 各1錠
 トラベルミン錠 頓用
 アラセナA軟膏(5g) 1日3回
 ヒアレイン0.1%(5ml) (角膜保護の目薬)
 ロキソニン錠60mg 朝/昼/夕 各1錠
 ムコスタ錠100mg 朝/昼/夕 各1錠

<ペインクリニック>
前回処方してもらった「ガバペン」を飲み始めて3日くらいは朝だけ飲んでいたのですが、あまり効き目を感じずその後朝/夕に1錠ずつに。
それがよかったのか結構効いている感じがして、なんかすっきりした感があるのでそれを継続処方してもらいました。
また、やめたブロック注射は、再開するなら発症から1ヶ月程度にするのが有効と考えられているそうで、とりあえず次週金曜が血液内科受診なのでそのときまでに続けるかどうか考えることにしました。
通院は大変だけど、やっておけば顔面麻痺の回復にいい影響を与えるかもしれないので、思案中。
ただ、その効果が出るかは確実でなく人によるということもあるので、悩みどころです。
処方:
 ガバペン錠300mg 朝/夕 各1錠

この日の帰宅後は疲れもそれほど出ず、夕食もいつもよりは多めに食べられました。
1週間家でゆっくりできたので、体力も回復したようです。

7月17日(木)〜7月24日(木)
頓服でもらったトラベルミンを17日に飲んでみましたが、飲んで1時間くらいですごい眠気!
これは出かけるときに飲むには厳しいです。

この期間は自宅療養。
朝5時から6時頃に目が覚めるが、起き上がる気力はなくそのまま二度寝。
8時から9時くらいにやっと起き上がって朝ご飯。
ゆーっくり食べて服薬、そして布団に戻ってうとうとしたり眠ったり。
お昼をまたゆっくり食べて、その後はすこし起き上がってビデオを見たりブログを読んだり。
目が疲れるので休み休み。
夕飯をまたゆっくり食べて、夜9時前後に息子を寝かしつけながら自分も就寝。
そんな感じで過ごしました。

発症してから約1ヶ月、顔面麻痺はかわらず、めまいと耳の聞こえもまだまだですが、痛みが収まっただけでずいぶんと楽になり、気分があがってきました。


つづく。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
fanさんの治療状況を見ていると僕の顔面麻痺も帯状ほう疹も軽症ですね。
大変な状況が良く分かりました。
この先fanさんの症状が少しでも楽になるように応援しています。


さとぼん
2008/08/27 22:20
最初の1ヶ月はどうにもなりませんでしたね。
よく入院せずに通ったなぁと今は思います(^^;
この頃に比べればいまはずいぶん楽に過ごせています(^^)/
fan
2008/08/28 19:58
fanさん,リアルブログですねぇ。
本当大変でしたねぇ。1年から1年半ですかぁ。接骨院に勤めて居た時から神経回復には時間が掛かるとは知っていましたが,年単位で言われると長く感じてしまいますね。痛みが無くなり目眩が治まったら神経回復に色々な治療をしてみるのも良いかもですよね。
私もそうでしたが,仕事先の人って理解力ある人が多いだけに,逆にこちら側としてみれば申し訳ない気持ちになっちゃって早く復帰してお返ししたいって思っちゃいますもんねぇ。焦っちゃいますよ。
ご飯が食べるの面倒なくらい,ダルダルだったんですねぇ。今はそれよりも回復されてるから本当良かったです!ガンバレ!fanさん
ブブ
2008/08/30 20:20
ブブさん、自分の記録の意味もあって細かくなっちゃってます(^^;
神経って、治すの大変ですね。
時間はかかっても、治る見込みはあるので頑張ります!
そうそう、なんとか早く復帰しなくちゃ、と思っちゃいますね。でも休ませてくれるならしっかり休んでからの方がちゃんと働けるかなぁとも思って、揺れてしまいます。。
ご飯はめちゃめちゃ辛かったですねぇ。
その時期は乗り越えたので楽になりました(^^)/
fan
2008/08/31 13:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハント症候群<〜発症後1ヶ月> 闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる