テーマ:闘病記?(診断確定前)

11/2(木) 治療方針ほぼ確定

ちょっと遅れてしまいましたが、2日(木)分の更新。。 10:30より、担当医から治療方針について説明がありました。 病名はまだ検査中のものがあり100%ではないのですが、90%以上の確率で、「ホジキンリンパ腫 IV期」です。かつ、予後因子が以下の通りの4点。 ・血清アルブミンの値が4g/dl未満である ・男性である ・臨床…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

11/1(水) Gaシンチと教授回診

今日はガリウムシンチの撮影。ベッドに寝るとすぐに撮影開始。機械が目の前までおりてきて、それが足の方へ移動していきます。撮影は約10分で終了。7月頃に市立病院で撮影したときは30分以上かかった気がするのですが。。機械が高性能なのかな? そういえば、撮影前に便を出しておく必要があるということで昨晩錠剤を2錠もらって飲みましたが何の反応もな…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

10/31(火) 骨髄生検

9:30に予定通り骨髄液穿刺と骨髄生検。予定では自分のベッドで、ということでしたが、処置室が空いているとのことで処置室へ。 うつぶせに寝てシャツを少しまくり、お尻を半分出したような状態で消毒。麻酔の針がちくっときて「これわかりますか?」と軽く鈍い痛み。それが骨にあたっているところだそうです。そこから、骨髄液穿刺の開始。結構力を入れてグ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

10/30(月) 呼吸機能検査ほか

9:30、胸部および腹部のレントゲン。 10:00、呼吸機能検査。それ専用の「呼吸機能検査室」なるものがあって、そこで4つほど検査をしました。特殊なマウスピースをくわえて、まずは普通に呼吸。次に大きく吸って吐く肺活量の検査と勢いよく吐き出す検査。これはコツがつかめず3回ほどやり直しました。最後は肺の大きさを測る検査。大きく吐いて、大き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

10/28(土) 外出許可!

11時前、血液内科の先生が2人来ました。昨日来た先生と、もう一人はその上の人らしいのですが、また簡単な診察と、今後の説明。確定診断にはもう少しかかるが、来週Gaシンチと骨髄穿刺、陣機能や呼吸器の機能の検査とあらゆる検査を来週前半にやっていき、診断が出次第、はやければ来週末にも治療の準備にはいるとのことでした。 が、11/3には我が息子…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

10/27(金) 血液内科の担当医がつきました。

今日は過去の会社の健康診断のフィルムを取りに会社に外出しました。久しぶりの出社だったのでやることも多く、結局病院に戻ったのは夜7時過ぎ。 すぐに今日から担当になった血液内科の先生と総合診療科の先生が2人で来られ、血液内科の先生による問診。皮疹の状態の確認と、しこりやむくみがないかの確認をしました。 また、間もなく治療が始まるというこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/26(木) 頭部MRIと血液内科受診

9:30、頭部MRI。前回と違う部屋で、何やら強力な雰囲気。 中にはいりベッドに寝ると、ヘッドホンをさせられ、胸の時と同様カバーをかぶせられました。 検査開始とともにすごい音と振動。ガガガガ、ビビビ、ダダダダダ、と何とも説明しがたい音でした。途中造影剤を注射し、20分程で終了。 17:40、血液内科外来を受診し、説明を受けました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

10/25(水) 胃カメラと病名確定

9:30から胃カメラ。まず胃をきれいにするという液体を飲み、次にのどの麻酔薬を3分口に含む。これが気持ち悪い! すぐに胃カメラの部屋へ移動、胃の動きを止める筋肉注射をしましたが、普段よりちょっと痛い程度。ベッドに寝ると追加の麻酔をのどにスプレー。飲み込むときに辛いけど我慢して、と言われて飲み込みましたが、辛いというか、熱いというか、何…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

10/24(火) 結果出ず

9:30に胸部レントゲンを撮っただけで、今日は何もなし。 10:00に総合診療科の先生が来て、まず手術跡のチェック、問題なし。次に皮疹のチェック。日曜くらいから腕に新しい湿疹が増えていて、それを入念にチェック。水胞はないし・・と先生。次に表在リンパ節の腫れが他にないか、首周り、脇の下、足の付け根をチェック。これも問題なし。 今日あた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/23(月) MRI検査

朝起きてすぐ、6:30に採血。朝早いなぁとおもいつつ、看護師さんは夜通し働いてるんですよね。感謝。 9:30、別の病棟にあるMRI室へ。こちらの病棟は少し古くて、いかにも病院、という感じです。 ベッドに寝るなり心電図をつけ、胸のあたりにカバーのようなものをかぶせ、MRIのトンネルへ。すると、ガガガガッとすごい音。驚きましたが、これが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やーーっと診断がつきました。

今日、やっと診断がつきました。「ホジキンリンパ腫」でした。 今後のことなど詳しくは明日聞くのでまだ分かりませんが、とりあえず病名が決まって一安心です。
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

10/20(金) 経過順調

朝8:00前に呼吸器外科の先生方が来て触診。少し腫れているものの痛みもなくなってきていて、経過は順調。帰り際、一番偉そうな先生が「まあ多分リンパ腫とは思うけど、薬で治るし心配ないよ」とあっさり。いままで散々そうかも、と思って来たのでいまさらショックではないですが、あまりにあっさりした発言で逆に驚きました。 いずれにしろ、結果は来週です…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

10/19(木) 来週の予定決定

朝8:00から、呼吸器外科の先生方が経過を見に来てくれました。痛みもまだ残っていましたが、腫れもあり、これ以上腫れるようなら圧迫しようと。また明日も来てくれるようです。また、今日から感染予防のため抗生物質が出されました。 午後は総合診療科の先生がこられ、生検の結果は来週になるけれども、診断確定の助けになるよう、胸と頭のMRIと胃カメラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/18(水) 生検

8:00に呼吸器外科の先生が大挙して来ました。生検といえども手術なのでこんな感じなのでしょうか。一番偉そうな先生が触診して、手術をする先生が「がんばりましょう」といって帰っていきました。 その後点滴を開始、呼ばれたのは15:30。今回も車椅子に乗って移動。手術室はやはり独特の雰囲気がありますね。クーラーが効いているせいか、何か冷たいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/17(火) 生検の説明

朝、胸のレントゲンを撮ったあと、午前中は何もなし。 午後、奥さんと共に呼吸器外科の先生から明日の生検についての説明を受けました。まずは現状の説明。市立病院で分かっていた腹部、胸部と今回とる頚部のほかに、咽に沿ったところと肺の入口のところのリンパ節が腫れていると。想定されるのは肺腫瘍、悪性リンパ腫。今回の生検は「右頚部リンパ節生検術」。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/16(月) 検査なし

今日は朝採尿をしたのみで、検査はなし。 ただ、昨晩から息苦しさがある。聴診してもらうと咽で異音が少しあるとのこと。先週出してもらっていた咳止めの量を少し増やして出してもらえることになった。 今日の検査 尿検査
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外泊(2回目)

今週も、土日は検査がないので外泊です。 これからまたVisorに記録していたのをアップしますが、まだ病名は決定していません。 水曜日に頸部のリンパ節をとる手術(生検)をし、その結果は約一週間後。 そこである程度わかるだろうとのこと。病名決定カウントダウン開始です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/13(金) 生検延期

今日は6:30から採血。 8:15ころ、呼吸器外科のチーフが来て触診。やっぱり深いね、といわれる。昨日の結果が出て何も分からなければ生検、何かが分かるか、結果が出なければ来週に延期すると。 で、結果は出ず延期。ということで土日は外泊です。 15時ころ、血液中の酸素濃度を測るため動脈から血液を採取。結果はすぐ出て、約89%。すこし少…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

10/12(木) 肺ガン!?

今日は胸部の生検の為朝食抜き。その前に点滴(ソルデム)。そのまま車椅子に乗り呼吸器内科の検査室へ。検査室では医師と看護師6人くらいで準備していただいていて、入るなりベッドに寝てすぐ超音波で患部をチェック。これは血管だから避けたほうがいいとか、こっちのルートのほうがいいとか話しながらルートを決定し、麻酔。少し深く刺された感触のあとはなんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/11(水) 頚部にも腫瘍

今朝は7:20頃から採血、8:15頃胃液採取。胃液は鼻からチューブを入れて採取しましたが、口から入れる胃カメラのときよりは楽でした。 午後、教授の回診。さすが教授というべきか、CTの画像を見たあと私の上半身を見て、ここにあるじゃないか、と頚部の腫れを指摘。これを手術で採取して調べることになりました。 また、胸の腫瘍も超音波ガイド下穿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/10(火) 入院

今日10時ころ入院。担当の男性看護師から一通り説明をうけ、担当医師(男性、女性)による問診。可能性のある疾患として「結核」という名前が。 いずれにしろ、いろいろ検査してその都度内容は考えてくれるようです。 まず明朝、胃液を採取予定になりました。 今日の検査 レントゲン(腹部・胸部) 心電図->心筋梗塞したことあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/9(月) 入院前日

奥さんの実家で今日の夜から子供を預かってくれるというので、明日朝も早いしお言葉に甘えることに。 夜、子供と奥さんを車に乗せて、「お父さんは病院にお泊まりしてくるから、しばらくあえないけどいい子にしててね」なんて会話をしつつ実家へ。もうすぐつくというところで、子供が突然衝撃の発言。 「お父さん、がんあるんじゃない?」 ええー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外泊

病院内は全面携帯禁止で、携帯を使えるのは建物の外、そこには椅子もなく長々と携帯で打ち込むには過酷な環境だったので、携帯での更新はやめました。 とりあえず、Visor(わかる人にしかわからないでしょうが)を持って行っていたので、それに記録したものをこれからアップします。 概要としては・・・ 頸部にもリンパ節腫脹がみつかった 肺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やーーっと

入院の日が決まりました。連休明けの10/10。 一度連絡が来たときに9/30以降、なんて言ったもんだから10/2には入院できるものと勝手に思い込み、毎日毎日「今日は連絡がくるか」と思いながら仕事して、あまり手につかず落ち着かなかったのですが、やっと今日連絡が来てほっとしたところ。 ここ一週間くらいかゆみが強くなっている気がして、また…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

入院おあずけ

先週の金曜日、病院から電話がありました。25日から入院できますと。でも、ちょうど荷の重い仕事がグループに落ちて来たところで即断することはできず、25日の週は仕事をすることにし、30日以降空いた日に入院ということで再度連絡してもらうようにしました。 で29日。先週のパターンから今日電話が来て月曜から入院かなぁと思っていたのですが電話は来…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

入院の予約。

9/13(水)、今日は大学病院初日。紹介状を持ち、紹介先の総合診療科へ。 市立病院の先生は紹介状を詳しく書いてくれていて、腹部/胸部CTのフィルムもつけていたので、診察にはいったときに言われたことは、これだけ検査やっててわかってないんだから、入院してじっくり検査しましょう、ということでした。それは市立病院の先生も言っていたことなので驚…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

第一章 完

9/7(木)、血液検査の結果。先週まで2回にわたって診ていただいた先生が今週はお休みということで、膠原病の専門の先生に診てもらうことに。 まずは、ここに至るきっかけから説明を求められました。もちろんカルテに書いてあることですが、再度整理したかったんでしょうね。私はこういう姿勢が大好きです。 きっかけは会社での腹部エコー検査で脾臓に影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原因判明せず

8/30(水)、今日は前回の血液検査、尿検査、心電図の結果を聞きに病院へ。予約ができないということだったので受付開始の8時(本当はもっと早く行こうと思っていましたが。。。)に病院へ。受付をすませると、既に11番。結局診察は11時ころでした。 で、先生の第一声は「困りました」でした。疑ったサルコイドーシスで異常となるはずのACEの値が1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

医者もお手上げ?

今日は胸部CTの結果を聞きに病院へ。結果は、胸部リンパ節の腫れ。予想通り。 で、低下傾向にあった白血球の値も再度増加(18900)、炎症反応(CRP)も継続的に高値(4.84)であり、やはり全身性の疾患が疑われると。今回初めて抗体値を検査したところ抗DNA抗体値が高く(7.1)、特に膠原病が疑われるということで内科に紹介状を書いてもら…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

皮膚に異常なし。

8/8、地元総合病院の皮膚科で診察してもらったところ、かかりつけ医と同様「普通の湿疹」としかみえないということだったのですが、1年も続いているということでその場で皮膚生検をしました。帰ってからWebで調べてみると、通常は予約してやるものらしいですが、私はその場でやってもらいました。ステロイド塗ってたり治り気味のところをとっても仕方ないと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more