人工股関節全置換術

杖をついた生活を1年半ほど続け、3ヶ月に一度の経過観察(レントゲン撮影)も続けました。あまり進行はしていないようでしたが、初回撮影時と比べるとやっぱり少し崩れてきてるかなぁ、という感じになってきました。

201910月から3月までは仕事が無茶苦茶忙しくて手術などとても考えられない感じだったのですが、それを過ぎれば落ち着きそうだったので、5月末くらいに手術できないか、ということを3月中旬に相談に行きました。

ちょうどコロナ騒ぎが始まった頃で、まだそこまで大変になるとは思っていなかったので、その場で4月末に一度診察、5月末に手術の日程が決まりました。

しかし4月に入ると状況は一変し、4月末の診察の頃には手術ができないかもしれないとの連絡を受けました。可能性にかけて念のため予定は残しておいてほしいとお願いしましたが、主治医も整形外科なのにコロナ対応に回るということで、これは大変なことになっているというのを実感しました。

でもGWが明けると状況が落ち着いてきて、整形外科の手術も順次できそうだということで、事前の診察や貯血などを終え、無事手術の日を迎えました。

ちなみに貯血というのは、手術の時には大量に失血し、出た血をある程度濾過して体に戻す仕組みもあるもののそれでは足りず輸血することになるのですが、自分の血で輸血した方がアレルギー反応などは起こりづらいということで自分の血を400ml抜いておく、ということです。人によってとても時間がかかるようなのですが、私の場合はすごく順調にすみました。


入院前にもう一つ、PCR検査と肺のCTが義務付けられたということで発熱外来も行きました。受付は屋外、防護服をしっかり着用した方に受付をしてもらい、プレハブでできた検査室で、ビニール越しに鼻の奥に棒を突っ込まれました。インフルエンザのやつより心なしか長かったような気もしますが、気のせいですかね。

終了後の導線も別ルートで人と会わないルートを案内されましたが、その後のCTは普通に病院内なので意味があったかどうか。熱のある方はそのルートでないとダメなんでしょうけどね。CTを撮って終了。CTは両腕を上げて、と言われるのですが五十肩で十分に上がらず、なかなか辛かったです。。


さて、いよいよ入院です。手術前日朝に入院し、身長体重から始まり、検温、血圧、採血、レントゲンなど、盛り沢山。研究に使うとかもあり同意書もたくさん。なかなか慌ただしい前日でした。食事は0時まで、飲み物は当日6時まで取って良いということでした。


手術の日はその日一番の手術。8時には手術着、使い捨てパンツ、弾性ストッキングで手術室へ。悪性リンパ腫の生検の時は病室からストレッチャーで移動でしたが、今回は徒歩でした。そして自分で手術台へ。これはなんとも言えない感じですね。

心電図をつけ、血圧計をつけ、点滴のルートをとって酸素マスク装着。点滴のルートがよりによって左の手の甲・・・そこは痛いんですよ・・

「酸素を流しつつ、少しずつぼーっとする薬を入れますねー」という声に返事をして・・・

・・・

・・・

「わかりますかーー?」と肩をたたかれて、あ、、寝ちゃった、これから手術だったな、ここは病室・・・?と寝ぼけながら目が覚めたら、全て終わってました。全身麻酔ってすごいですね。

順調に終わりましたよー、と言われて、やっと状況が掴めてきました。そして、手術した足の痛みがだんだん強くなってきました。押せば痛み止めが流れるというボタンを握らされ、ベッドに移されて手術室からは退室。しばらく待機室のようなところで落ち着いてから病室に戻りました。

気分は悪くなく、部屋に戻って一安心。痛みは結構強かったので痛み止めのボタンは結構押しました。連続で押しても一定量以上しか入らないようになっているので、痛いと思ったら押して良いということでした。

夕方にはだいぶ落ち着いて、先生が回診に来た時には足首と膝が少しだけ曲げられる状態でした。これなら明日には立てるね、とコメントをもらいました。

その後またすぐ先生が来て、人工骨頭を入れた後のレントゲン写真をくれました。骨とつなげる部分はチタン、骨頭部分はセラミック、受け皿はプラスチックだそうです。人工物なのでしっかりはっきり写ってて、ヒトの体の中にこんなものを入れるなんて、すごいことを考えるものだなぁと思いました。

また、採取した骨頭も見る?と言われ、もちろんと言って見せてもらいました。ここには載せませんが、なかなかグロい写真です。

曰く、軟骨部分が普通は硬いんだけどプニュプニュになっていたとのこと。そして普通にめくれる感じで、これは改めて痛そうだね、取って良かったね、ということでした。


夕食は普通に食べました。完食。看護師さんにすごいって言われました。やっぱり手術の日って食べられないもんなんですかね。リンパ腫の移植の時もそうだったけど、普通に完食しました。

夜は1時間おきくらいに起きました。昼、病室に戻ってからも寝てたからというのもあるけど、同じ姿勢で寝返りも打てず腰も痛くて辛くて起きる、という感じ。早く朝にならないかなぁと思いながら眠ってはすぐ目が覚める、長い夜でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント