自家移植後、退院後、2周年!

5月から、血液内科の主治医が変更になりました。
これまでの主治医から、その先生とコンビを組んで診ていただいていた女医さん。
久々にお会いして、「お久しぶりです~」というところから入りました。
「最初の治療で治りきらずに移植になって大変だったと思うけど、良くなって良かったですね~」と、治療を振り返りながら、カルテを見ながら、昨年ハント症候群にかかったこと、それは治療が続いていることなどを話しました。
聴診と、首・脇の触診、そして歯も少し確認。
虫歯も気をつけておかないと、そこから菌が入っていったりもするからねー、と言っていました。ハント症候群はそれとは関係ないけど、とも言いながら。
歯医者は移植前に診てもらって以来行っていないのでそろそろ行かなくちゃいけないかな。
しかしこの先生、話しているとすごい勉強しているなぁ、と感じます。
そういえば、入院中担当が変わったあとも時々来てくれたり、元日にも来てくれた覚えが。
すごいなぁ。

さて、血液検査の結果は、
項目結果正常値(参考値)
白血球6,500[106/L](3,900-9,700)
赤血球4.64[1012/L](4.30-5.67)
ヘモグロビン14.7[g/dL](13.4-17.1)
ヘマトクリット43.0[%](40.4-51.1)
血小板238[109/L](153-346)
AST(GOT)31[IU/L](5-37)
ALT(GPT)42[IU/L](6-43)
γ-GTP274[IU/L](H)(0-75)
ALP245[IU/L](110-348)
LDH185[IU/L](119-221)
UA7.6[mM/L](H)(3.5-6.9)
Na139[mM/L](135-145)
K3.3[mM/L](L)(3.5-5.0)
CL95[mM/L](96-107)
CRP0.2[mg/dL](0-0.2)

γがついに200台に
(まだまだ高いですけど)
そのほかも変わらず、順調です

そして6月6日に自家移植後2周年を迎え、明後日23日は退院後2周年です
長かったような、短かったような。
でも治癒といえるまでにはあと3年。
この調子でいきたいと思います

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2009年06月25日 20:58
本当,早いもんですねー数値も落ち着いてきてるみたいで,なによりです!!虫歯からも菌が入るんですねぇ.私も歯医者嫌いで全然行ってないんで,たまには行ったほうが良さそうですね(苦笑) 何はともあれ,健康で普通が一番ですよね!!
2009年07月12日 23:35
ブブさん、返事が遅くなってすみません!
気がつけば2年、早いですねー。
ブブさんには入院中からたくさんのコメントをいただいて感謝です。
ブブさんもなんとか症状など落ち着くといいのですが。。

歯医者は、まだ行ってません(^^;
まぁとにかく、普通が一番!(^^)/
たむ
2009年11月29日 16:46
ハントを調べていてこちらにたどり着きました。その後はいかがですか?改善復帰されているとよいのですが。 主人の事ですが、先週ハントと診断され、入院点滴治療中ですが、やはり「めまい」が改善されず困っています。耳の痛みの発症から診断まで約半月かかってしまい、治療が遅れたのも原因かもしれません。ブログを拝見してて、主人の場合は麻痺や耳鳴りなどは軽いようですが、やはり、後遺症めいたものは残りやすいのですね・・、また、今はまだ信頼できるドクターに巡り合えてないのも不安な状態です。ブログ大変参考にさせていただきました。fanさまもますますご自愛なさってくださいね。
2010年01月12日 00:02
たむさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
こちらのブログ、更新しないままついに年を越してしまいまして、コメントにも気づかず・・すみません。
ご主人がハント症候群と診断されたのですね。その後いかがですか。少しでも症状が改善されているといいのですが。
私は、また近いうちに記事更新するつもりではいるのですが、相変わらずめまいも耳鳴りも残っています。幸いそれほど酷いものではないので、後遺症として仕方ないかなぁと思っています。
あ、また日付が変わってしまって週末が終わってしまったので、記事は来週以降に・・・・・すみません。
Fruit
2010年02月22日 18:50
はじめまして。
2006年のおしりの膿を切開した記事を読みました。
今まさに私がその状況で、二日目なんですが、痛みと不安でたまらなかったんです。
でも三日目からはガーゼを入れなかったとのことで、私もそうなれば良いなと、明るい気持ちになりました。
傷はどれくらいでふさがりましたか?
後はずっと残ってますか?色々なご病気で大変なところ、質問してすみません。お大事にしてくださいね。
2010年02月23日 19:34
Fruitさん、コメントありがとうございます。
膿みの切開、ホントに痛いですよね!
もう3年以上の前のことで、その後どれくらいで落ち着いたか、申し訳なくも覚えていません。。自分では見えないところなので痕があるかどうかも分からず。。参考にならずすみません。でも痛かったのはその処置のときくらいで、あとはすぐに落ち着いたような気がします。
早く落ち着くとよいですね!
ぱなな
2010年03月09日 23:28
はじめまして
74歳になる父が先月ハント症候群と診断され、
10日間入院した後、現在自宅で療養中です。
直前まで現役バリバリで張り切って仕事していた
人なので、先の見えない不安ですっかり落ち込んで
おります。父のために、何かいい記事はないか探して
いて、こちらにたどりつきました。
日記を拝見して、回復までの道筋がよくわかり、
私自身が精神的に大変助けられております。
父にもプリントアウトして届けたところ、
励まされる、と申しておりました。
本当にどうもありがとうございます。
お礼を一言申し上げたくて、コメを残します。
fan様も、どうぞお大事になさってくださいね。
2010年03月11日 09:22
ばななさん、コメントありがとうございます。
ハント症候群、顔面麻痺など出ると見た目に分かりやすいですしショックも大きいですよね。
私は発症してすぐ治療に取りかかれたので、当初の想定よりはよく回復している方かなとおもっています。
こんなブログでも精神的な助けになればうれしいです。少しでも後遺症少なく回復されるようお祈りします。

この記事へのトラックバック