闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜

アクセスカウンタ

zoom RSS めまいの検査、などなど

<<   作成日時 : 2009/06/21 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

最近、経過観察のあとブログに書くのが遅いです
前回の更新のあと、血液内科の経過観察1回、耳鼻科の経過観察2回
まずは耳鼻科の前々回5月の経過観察から。。

・めまい
前回トラベルミンを夜一錠で処方されたのですが、まだ休んでいたころにもらったときに眠くて仕方なくなったので試しに休みの前日に飲んだら、やっぱり眠い
どうにも我慢できない眠気なので、平日に飲むのは無理。
前回、アレルギーの薬を処方しようかという話にもなったので、今回はアレルギーの薬の処方。
アレジオンという薬でした。
そして発症から約1年ということで、ハント症候群の影響によるめまい以外の原因の可能性を探るためにめまいの検査をすることになりました。
ただ、この検査をしたからといって治療方針が決まるというようなものではなく、定期的に検査することで悪くなっていないかなどの確認をするものなのだそうです。
いろいろ薬を試しながら自分の実感と検査結果を総合的に考えて、効く薬を見つけてよくなっていけばいいなぁ、くらいの感じです。
検査については後ほど。

・顔面麻痺
いつものように目視の検査で、今回は前回と比べて目立った改善はなし。
そろそろ落ち着いたかなぁ、という感じですが、当初は予後が悪そうという判断だったのでここまで改善したのはとても経過が良いということでした。
よく見ればちょっと左右差があるというくらいで、これなら個性の範囲ですね、と言ってもらえました

・耳鳴り、耳の痛み
耳鳴りは相変わらずなのですが、どうも最近最初に感じたような耳の奥の痛みを感じることがあります。
激しい痛みではなく軽く感じるものですが、覚えのある痛みでちょっと気になっています。
ということで、聴力検査を3種類。普通の聴力検査と、鼓膜の動きの検査、内耳の細胞の検査。
結果、特に大きな問題なし。
普通の聴力検査で右耳の一番高い音が少し落ちているので、耳鳴りはこれが原因ではないかと。
耳鳴りは、ほかに比べて聞こえ方が落ちている周波数帯で自分の中の音が聞こえたり、耳が頑張ってその周波数の音を聞こえているように感じる、というようなことでおこると考えられているんだそうです。
で、その落ちている周波数のところをあげるような薬はないのか聞いたところ、突発性難聴のように急激に悪くなったようなときはステロイドを使うこともありますが、通常は薬は使わず、耳鳴りが気にならなくなる、というのを目標にしていくのがいいということでした。
静かなところでは音楽を聴いて紛らわすとか。
確かに、普段気にしていないんだけどふとした瞬間に気になり始めて耳鳴りが大きく感じる、ということはあるので、耳鳴りから意識を外していくのがいいんでしょうね。


・めまいの検査
ENG検査というのだそうです。
おでこのあたりにセンサーをたくさんつけて、目の動きを確認します。
顔を台に乗せて、目の前のスクリーンに出る光を追いかけたり、真っ暗になったときに目の動きを止めたり。
この「真っ暗になったときに目の動きを止める」というのが最初理解できなくて難しかったです。真っ暗になる前までに見えていた対象物を想像して見つめる、だと思っていたのですが、それだと目に力が入るのでダメだと。「対象物がないんだから見つめられないでしょう?ただ、目を動かさないように意識するだけでいいんです」と言われましたが、よくわからなかったです。
さらに本当に真っ暗になるので、いつでもどこでもすぐに眠れてしまう私は、暗くなってすぐ眠気がやってきてふらふらしてしまいました
この検査に眠気は大敵で、ちゃんとした結果が出なくなってしまうと言われましたが、いろんなパターンをやっていく中で判断できたそうでやり直しはしませんでした。
この検査を5月の受診後、血液内科の経過観察と同じ日にやって、6月にその結果を聞きました。

で、6月、前回の耳鼻科受診。

・めまい
前回処方されたアレジオンですが、あまり効果を感じませんでした。
で、アレルギーの薬で以前飲んでいたものにアレロックというのがあったので、今回はそれを試してみたいとお願いしました。当時皮膚のかゆみで飲んでいたので、それがいい影響を与えるんじゃないかと。
で、めまいの検査の結果。
ハント症候群で耳の神経がやられたことによる影響はやっぱりまだ残っているということでした。
あと、検査結果には縦揺れと横揺れがあって、横揺れは耳の関係で出るそうですが、縦揺れは脳の関係によるといわれているそうです。脳に腫瘍があったり、血液の流れが鈍かったり。
その縦揺れがみられるということで、脳の精密検査をしてみるというのは一案としてありとのこと。
以前9月にMRIをとっていて異常はなかったのでもう少し様子を見てもいいけれども、ということでしたが、脳の血管の撮影をするMRAというのもあるそうで、次回とるときにはこれもということだったし、予約は結構早めに取らないととれないので、次回までにMRI/MRAをとっておくことにしました。
まぁそんなに心配はしていないけれども、念のため、です。

・顔面麻痺
いつもの目視検査。まぁ左右差はみられるけれどもほぼ分からなくなりましたね、といつものコメント。

・耳鳴り
めまいの話を中心にして、話し忘れました

そんな受診後、アレロックを服用したところ、これがまた眠い
トラベルミンのときと同じかそれ以上の眠気。
アレロックは朝晩1錠ずつなのですが、一度月曜の朝に飲んだら仕事にならないくらいの眠気だったのでやっぱり飲むのはやめました。
アレルギーの薬を飲むのは私にとっては難しいかな。。

でも、季節的なものだとおもいますが、また腕にじんましんが
今回は右腕だけ。腕の内側の柔らかいところがめちゃくちゃかゆいです。
左腕は何ともないのが不思議なところです。
あと、腕ほどではないですが腿の内側が少しぽつぽつとなっていてかゆいです。
夏前と秋頃、出てくるんですよねぇ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
痒いのはつらいですよね。

ちょっぴりアレルギー体質だといろいろ反応しやすいのかな。
体力落ちててもあるから、こちらでもコメしちゃお♪

気候のせいもあって疲れやすいから、
息子と早寝できる日が多くとれますように☆
うんとみ♪
2009/06/22 10:03
お返事が遅くて申し訳ありません!

かゆいのは我慢できなくて、ぼりぼり掻いてしまいます(^^;
先月末の診察の時にステロイドの塗り薬をもらって、今は塗らなくてもいいくらいに落ち着いてます。
体力が落ちてて、というのも確かにあるかもしれませんね。

週末は息子と早寝、で、そのまま朝まで起きられません(^^;
fan
2009/07/12 23:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
めまいの検査、などなど 闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる