闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ハント症候群<〜発症後2ヶ月>

<<   作成日時 : 2008/08/31 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ハント症候群の発症について振り返っています。
リアルタイムで書いていた日記はこちら。
4つの科のはしご
この日記をほとんど流用していますが
この後はだいぶ楽になって、日記の方ではあまり病気に触れなくなりました。
それはこの記事で。


7月25日(金)
前回の耳鼻科受診でロキソニンが1週間分しかなかったため追加が欲しくて耳鼻科受診。
それと、血液内科で経過観察。
さらにリハビリを開始すべくリハビリ科と、ブロック注射を再開すべくペインクリニック。
午前中にすべて回りました。

<耳鼻科>
まず顔面麻痺の程度の検査。
これまで点数は聞いていなかったのですが、今回の検査では40点中8点。
前回は6点で、今回は口を膨らませることが少しできたので2点追加でした。
めまいは相変わらずあって、今飲んでいるメリスロンという薬があまり効いていないような気がするというと、セファドールに変えてみようか、と処方してくれました。
人によってこっちの方が効くということもあるんだそうで。
耳の中は鼓膜が少し赤く、外から見えるところにかさぶたがとれたようなまだ治りきっていない部分があり、もう少し。
前回もらった軟膏を軽く塗って傷つけないようにと言われました。
あとは、右目の視力が落ちた気がするのですが、これはまぶたが閉じないためにどうしても疲れた感じになるので、目薬を頻繁にするのと、外出時にはホコリが入るのを防ぐためにも眼帯をするのがいい、と勧められました。
でも、めまいがある状態で眼帯をするとさらに歩きづらくなるので、結局外では眼帯はしていません。
寝るときは光が入らないように眼帯をして寝ていますが。
耳鼻科では、結構じっくり話を聞いてもらえました。
処方:
 ロキソニン錠60mg 朝/昼/夕 各1錠
 ムコスタ錠100mg 朝/昼/夕 各1錠
 セファドール錠25mg 朝/昼/夕 各1錠

<リハビリ科>
リハビリ科は耳鼻科からの紹介で初診。
まず、今の状況を把握しているか聞かれました。
・ヘルペスによる麻痺ということは分かっているか
・どんな治療をしているか
 →投薬でステロイド、抗生剤(バルトレックス):これらは終了。
 ※メチコバール、アデホスも使っているのですが言い忘れました。
その上で、こちらでも麻痺の状態のチェック。
けど、なぜか40点中2点でした。
耳鼻科と違うのは、方式が違うのかな?
いくつかあるらしいので。
まぁいいとして、カルテに「顔面マッサージ、自主」と書いていました。
実際にリハビリを行うリハビリ室は完全予約制だそうで、来週水曜に予約して終了。

<ペインクリニック>
まずは診察。
痛みが薬のおかげかほとんどなくなったというと、良かったですねぇと一緒に喜んでくれました。
そして、保留にしていたブロック注射を、再開することにしました。
注射を中止して以来ほとんどを家で寝て過ごしたおかげでだいぶ元気になっていて通院もできるかなぁと思うのと、復職したらまた毎日6時過ぎに家を出なくちゃいけないので、週3回の通院がそのリハビリにもなるかなぁということで、顔面麻痺回復に効果がある可能性があるし受けてみようと。
これについては特にコメントなく、この日から再開となりました。
血液内科受診後に注射をして、終了。

<血液内科>
この日の採血の結果は次の通り。
項目結果正常値(参考値)
白血球5,400[106/L](3,900-9,700)
赤血球4.29[1012/L](L)(4.30-5.67)
ヘモグロビン13.6[g/dL](13.4-17.1)
ヘマトクリット39.2[%](L)(40.4-51.1)
血小板207[109/L](153-346)
AST(GOT)18[IU/L](5-37)
ALT(GPT)29[IU/L](6-43)
γ-GTP138[IU/L](H)(0-75)
ALP229[IU/L](110-348)
LDH159[IU/L](119-221)
Na140[mM/L](135-145)
K3.4[mM/L](L)(3.5-5.0)
CL98[mM/L](96-107)
CRP0.0[mg/dL](0-0.2)


血液データは良好
γ-GTPもなんと138まで下がっていました
(今年に入ってから、336→184→315→416→491→1365→875という経過でした。)
体を休めると、こんなにも回復するものなんですね、肝臓って。
びっくりしました。
ただ、ハント症候群の症状のめまい、耳の聞こえがまだということで、もう1ヶ月通院と自宅療養が必要、との診断書を書いてくれました。
それと、今月初め頃から空咳が続いているのでそれも相談したところ、ぜんそくかなぁ?と。
あ、私、昔「咳喘息」と診断されたことがあったのでした。
もう3〜4年前なんですが。
今回は、ぜんそくの疑いということでホクナリンテープという気管支拡張剤を処方してもらいました。
で、このぜんそくの経過も見たいしということで、次回診察は8/15に。
処方:
 ホクナリンテープ(2mg/枚) 1日1回貼付

7月28日(月)
先週の金曜にもう1ヶ月の通院と自宅療養と決定したことで、会社に連絡。
そしてブロック注射。

<ペインクリニック>
この日の注射のあと、声がかすれてでなくなる。
事前に聞いていた副作用の一つで、一時間ほどで回復。

これまでめまいがひどく歩くのもお年寄りがゆっくり歩くくらいの速さでしか歩けず、手すりがないと不安で仕方なかったのが少し軽くなり、飲み過ぎて酔っぱらってまっすぐ歩けないときの感じくらいになりました。
私にはメリスロンよりセファドールの方が効いたのか、それとも1ヶ月経って落ち着いてきたのか。
どちらか分かりませんが、いずれにせよ少し軽くなりました。
そしてこの日からタクシーを使わずに電車+徒歩で通院できるようになりました。

7月30日(水)
<ペインクリニック>
この日の注射の後、先生に「注射、効いてますね。」と言われる。
何をもってそう言っているのかは分からず。

<リハビリ科>
リハビリ室にてリハビリ開始。
横になり、先生が顔をマッサージしてくれる。
おでことか頬とかさわって、「筋肉が動いてないですね」という。
そしてゆっくりマッサージを続けると、「少し柔らかくなってきましたね」と。
自分では全然分からないけれど、先生は分かるんですね。
そして顔のマッサージの方法と、リハビリの方法を教わる。
まず顔のマッサージは、
1.頬
2.鼻の横
3.おでこ
を内側に向かってゆっくり回転。

その後リハビリとして
1.額にしわを寄せる
2.眼を閉じる
3.鼻にしわを寄せる
4.にこっと笑う
5.口をとがらせる
6.眉間にしわを寄せる
これを、左右対称になるように、麻痺側は手を添えて動かします。
鏡を見ながらやり方を教わって、この日は終了。


8月1日(金)
先週血液内科でホクナリンテープを処方してもらったけれど、咳は相変わらず。
過去(3年前くらい?)に処方してもらったステロイドの吸入薬が効いたのを思い出し、それを処方してもらうために血液内科を予約外で受診。
その前にブロック注射。

<ペインクリニック>
この日もブロック注射後、「効いてますね」と言われる。
どこで判断できるんですか?と聞くと、目が充血したり、涙が出たりするんだそうです。
あまり自覚はないのだけれど。。

<血液内科>
過去に吸入薬が効いたのを伝えると、少し強くしてみようか、と。
ステロイドを使うので強い治療ということらしいです。
吸入薬を使うのでホクナリンテープは中止。
そして喘息か判断するために呼吸器の検査もしました。
結果は次回診察の8/15に。
処方:
 フルタイド100ディスカス 1日2回吸入
 セレベント50ディスカス 1日2回吸入
 テオドール錠100mg 朝/夕 各2錠

この頃から耳の痛みをほとんど感じなくなり、ロキソニンを朝/夕の2回にしてみる。
特に痛みが出ることもなし。
ただ、時々右耳の中でポコポコと音がすることがある。

8/3〜8/6は自然の多いところで療養。
そのため、月/水/金に受けていたブロック注射を8/2(土)にも受け、8/7(木)、8/8(金)にも続けて受けた。
これまであまり効いている実感はなかったが、8/8の注射では注射液?が背中まで届くような刺激を感じ、注射後は右目に涙がたまるのを実感。効き始めたかも?
8/11(月)の注射の際に、注射をいつまで続けたら良いものか聞いたところ、30~40回が望ましく、できるだけ集中して受けた方がよい、との回答。
週3回として、約3ヶ月!
復職も考えなければならないので、それは無理かも。。

痛みに関して、ロキソニンを1日2回にして1週間経っても痛みが出ることはなかったので、8/9(土)にはロキソニンをやめてみる。(ガバペンは継続。)
すると、翌10日(日)の夜に何となく痛いかな、という感じが出て、11日(月)の夜には少し強くなってきてロキソニンを飲む。
12日(火)の朝はやめてみたが昼には痛みが出てきて、結局昼/夜と飲んで1日2回に戻す。

8月13日(水)
この日は午前中にペインクリニックの診察、午後にリハビリ&耳鼻科(顔面麻痺外来)。

<ペインクリニック>
痛み止めとしてもらっているガバペンがなくなるので追加を希望。
ロキソニンをやめたところ痛みが出たのでまた飲み始めた旨伝えると、ロキソニンは急性期の痛みに効くものなので、ちょっと不思議だが、軽くなってきているのなら今後も徐々に痛みが引いていくと考えてよい、とのこと。
痛み止めをやめるタイミングとしては、ロキソニンをやめてみて痛みがなくなったらガバペンをやめてみて、それで問題なければ終了、という流れでよい。
ブロック注射は、最初の1ヶ月が特に大事で、3ヶ月までが特に効果があると考えられているそうで、その3ヶ月の間はできるだけ数多く受けた方が効果が高いそう。
3ヶ月目に入る来月には復職も考えていて、復職したら土曜日しか受けに来られないために、それまでにまとめて毎日受けてもいいものか聞いたところ、針を刺したところの痛みが大丈夫なら毎日受けても良いが、辛いだろうから2日に1度程度でよいと思う、とのこと。
それでも辛くない?と聞かれたが、それは大丈夫。刺したところの痛みが残ることは今のところないです。
とりあえず、月・水・金・土の週4回にするか。。
診察の後、ブロック注射。
処方:
 ガバペン錠300mg 朝/夕 各1錠

<リハビリ>
マッサージの効果か、額のしわが少し作れるようになり、また鼻の動きも出てきました。
ちゃんと動くようになるにはまだまだですが、兆しがあるだけでも嬉しいです。

<耳鼻科(顔面麻痺外来)>
ロキソニンが効く痛みがまだ続いていることを伝えると、炎症がまだ残っているのでしょうが、目に見える部分ではないので確認はできない、とのこと。
回復傾向にはあるので、徐々に良くなっていくとは思うが、どれくらいでというのは個人差が大きくいえない、と。
それから、右耳の鼓膜の音なのか、ポコポコと音が鳴り続けることがあるのですが、それも徐々に良くなると思いますよ、とさらっと流されてしまいました。
めまいに関してもどうなるかは分からず。
復職に関して、もう少し休むべきなのかどうかと聞くと、めまいは休んでいれば回復するともいえず、仕事をしたから回復が遅くなるかというとそうともいえないので、医師からは仕事をするなともしろとも言えず、自身で判断するしかない、と。
一般的に言えば、1〜2ヶ月は休んでいいのではないか、と。
うーん、なんか、どれについてもはっきりしない診察でした。。
処方:
 ロキソニン錠60mg 朝/昼/夕 各1錠
 ムコスタ錠100mg 朝/昼/夕 各1錠
 セファドール錠25mg 朝/昼/夕 各1錠
 アデホス顆粒10% 朝/昼/夕 各1包
 メチコバール錠500μg 朝/昼/夕 各1錠

8月15日(金)
血液内科の予約診察と、ペインクリニックでブロック注射。

<血液内科>
この日の採血の結果は次の通り。
項目結果正常値(参考値)
白血球5,600[106/L](3,900-9,700)
赤血球4.07[1012/L](L)(4.30-5.67)
ヘモグロビン13.1[g/dL](L)(13.4-17.1)
ヘマトクリット38.3[%](L)(40.4-51.1)
血小板213[109/L](153-346)
AST(GOT)20[IU/L](5-37)
ALT(GPT)17[IU/L](6-43)
γ-GTP157[IU/L](H)(0-75)
ALP251[IU/L](110-348)
LDH194[IU/L](119-221)
Na140[mM/L](135-145)
K3.4[mM/L](L)(3.5-5.0)
CL97[mM/L](96-107)
CRP0.7[mg/dL](H)(0-0.2)

CRPが0.7。
でも熱などの自覚症状もなく、原因不明。
あとは特に問題なし。
気になるのは、この表には入れていませんが、UA(尿酸値)が8.3(上限値6.9)と高めなこと。
食事に気をつけるようにと言われました。
が、そもそも食事量も少なく、油の多い食事なども多いとは思えないのでどうしたものか。。
とりあえず様子見。
前回検査した呼吸機能については、喘息の気はなく正常範囲。
でも、処方してもらったフルタイド/セレベントの吸入が効いていて咳は治まりつつあるので、吸入と気管支拡張の薬を継続することに。
復職に関しては、今月いっぱい休んで来月復職の方向に。
次回予約は8/29。そのときに復職の診断書を書いてもらう予定とし、9/1の週に会社の産業医との面談の予約をとりました。
処方:
 テオドール錠100mg 朝/夕 各2錠


この後、ペインクリニックにてブロック注射。
継続して8/18週の月/水/金/土、8/25週の月/水/金/土に注射。
何となく、注射液の入ってくる感じを強く感じるようになってきて、首から背中、腰にかけて圧迫されるようなちょっとした痛みを感じる。
また、喉がかれたり、手先までしびれることも何度かあるが、1時間程度で消失するので問題なし。

この間、8/19に耳の中に発病当初のような痛みを感じ昼にもロキソニン服用。その後落ち着いたが時々この痛みを感じることがある。

8/29には血液内科を受診。
それについては次の記事で。


つづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
詳しく状況報告されてますね!
同じ病気になった方がここにたどり着いたら、とっても
参考になるよね(^_^)/
肝臓くん、こんな数値でずっといってくれるといいね!
また一緒に飲みたいですものぉ〜(^^)
みーこです
2008/09/03 07:07
みーこさん、1ヶ月分ためてしまったらこんな長い記事になっちゃいました(^^;
症状も治療も人それぞれだからぴったり当てはまることはないだろうけれど、何かヒントが見つかったりすればいいなぁと思います。

肝臓は、ちょっとだけ気にしつつ、また飲みましょう〜〜(^^)/
fan
2008/09/03 20:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハント症候群<〜発症後2ヶ月> 闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる