闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ハント症候群<前ぶれ>

<<   作成日時 : 2008/08/15 00:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

闘病記、ずいぶんと放置してしまいました

5月末の定期受診から1ヶ月。
自家移植後ちょうど1年
そんなタイミングで、ハント症候群を発症してしまいました
正確には、ラムゼ・ハント症候群(Ramsay Hunt Syndrome)といいます。

amebloの「日記。」にてリアルタイムで少し書いていましたが、こちらでは薬の内容や血液検査の結果など交えて、過去に戻って書こうと思います。
すでに発症から1ヶ月半が過ぎているので、少しずつ。

ところでハント症候群とは。。
帯状疱疹とは、過去に水痘(みずぼうそう)にかかった際に、神経節に住み着いた水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)が再活性化することで、一定の神経支配領域に紅斑を伴った小水疱(しょうすいほう)が集まって出現する疾患です。
 神経走行に一致して帯状に皮疹が現れることにより、この名があります。とくに水疱が耳介・外耳道に生じ、顔面神経麻痺、内耳神経症状(難聴・めまい)を伴うものを、耳性帯状疱疹(ラムゼ・ハント症候群)と呼びます。
(gooヘルスケア/耳性帯状疱疹(ラムゼ・ハント症候群)より引用)


<前ぶれ>

6月22日(日)
喉が痛くなり始め、夜には耳にも痛みを感じる。

6月23日(月)
耳も痛いということで中耳炎を疑い、かかりつけの耳鼻科を受診。
耳に異常はなく喉が腫れているとの診断。
処方:
 フロモックス75mg 朝/昼/夕 各2錠
 ボルタレン25mg 疼痛時2錠

6月24日(火)
薬を飲んでも変化なく、別のかかりつけの内科を受診。
溶連菌の検査をするが陰性となり、咽頭炎との診断。
抗生剤の変更、風邪薬の処方。
処方:
 パセトシン250 朝/昼/夕 各1錠
 トランサミンカプセル 朝/昼/夕 各1カプセル
 ムコソルバン錠 朝/昼/夕 各1錠
 PL顆粒 朝/昼/夕 各1包
 ロキソニン錠 屯用1錠

6月25日(水)
ロキソニンを飲んでものど/耳ともに痛みが取れず、眠れないほどなので再度内科へ。
ロキソニンを毎食後にしてもらう。
リンパ節炎といわれる。
処方:
 ロキソニン錠 朝/昼/夕 各1錠
 セルベックスカプセル50mg 朝/昼/夕 各1カプセル

6月26日(木)
ロキソニンを毎食後にしても痛みが取れない。
翌日血液内科の経過観察の診察なので、この日は様子見。
喉が痛くなってからその痛みのために食事がとれず、毎食ヨーグルト1個をやっと食べられるような状態。食欲もなく、ずっと横になっている。とにかくのど、右耳、頭が痛い。

6月27日(金)
朝体温を測ると、38度くらい。
ひどい痛みとだるさがあったが、経過観察のため大学病院へ。
駅までの道、ふらふらした。熱のせいだと思っていたが、後から考えるとこれはめまいだったと思う。

<血液内科>
病院について採血。このあといつもならスターバックスだが、のどが痛くてそれどころではない。
診察室に入って先生の最初の一言は、「調子悪い?」
「はい、非常に。。」といいながらふらふらで椅子に座ると、採血の結果を渡される。

項目結果正常値(参考値)
白血球6,000[106/L](3,900-9,700)
赤血球5.16[1012/L](4.30-5.67)
ヘモグロビン16.6[g/dL](13.4-17.1)
ヘマトクリット46.6[%](40.4-51.1)
血小板164[109/L](153-346)
AST(GOT) 80[IU/L](H)(5-37)
ALT(GPT)100[IU/L](H)(6-43)
γ-GTP1,335[IU/L](H)(0-75)
ALP1,010[IU/L](H)(110-348)
LDH299[IU/L](H)(119-221)
Na136[mM/L](135-145)
K3.4[mM/L](L)(3.5-5.0)
CL90[mM/L](L)(96-107)
CRP8.0[mg/dL](H)(0-0.2)


γ-GTPが1335と恐ろしい数字。
その他の値も軒並み(H)マーク。
CRPも8.0と見たことのないような値。
おなかを見せると、自分では気づかなかったが、所々に水疱あり。
「帯状疱疹かぁ〜?」と先生。
でも数えるほどしかなく痛みもないのではっきりせず。
リンパ節の触診では異状はなく、耳鼻科に紹介状を書いてもらい、耳鼻科受診。
その前に、CT(頸部〜骨盤)、レントゲン(胸部/腹部)を撮る。

<耳鼻科>
耳鼻科では、中耳炎ではあるけど、ヘルペスかなぁ、と確信できない様子。
のどを内視鏡でチェック。のどの奥に口内炎のようなできものがあり、これが痛みの原因。急性期なのでこれから毎日点滴が必要と。
通うのは大変なので地元の市立病院に紹介状を書いてもらうものの、土日はやっていないので明日/明後日はこの都内の大学病院にくることになった。
とりあえず今日の分の点滴を受ける。
薬も処方してもらう。
処方:
 バルトレックス錠500mg 朝/昼/夕 各2錠
 ロキソニン錠60mg 朝/昼/夕 各1錠
 ムコスタ錠100mg 朝/昼/夕 各1錠

<血液内科>
血液内科に戻り、ウィルス性肝炎との診断を受ける。絶対安静と、点滴をしっかり、という矛盾。。
それと、水分補給をしっかり、と。喉が痛くて水を飲むのもつらいのであまり飲んでいなかったらちょっと脱水症状があるそうで。
血液内科で水分の点滴を受けて帰宅。既に夕方。


 つづく。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
みずぼうそうのこと
楽天から検索された商品みずぼうそうだよヤンダヤンダ¥ 1,050著者:おのりえん/国松エリカ出版社:偕成社サイズ:絵本ページ数:31p発行年月:1999年07月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「B… ブログから検索 みずぼうそう予防接種みずぼうそうの予... ...続きを見る
WEBの情報缶!
2008/08/16 09:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
帯状疱疹はいろんなところに出るんですね
母と兄はお腹でした
知り合いは心臓の近く、もう一人は首、お二人は入院して治されました
場所によってはかなり重症になっちゃうんですね
耳だなんて考えただけでも怖いです
fanさんも病名がわかるまでたいへんでしたね
いろんな病院回るだけでも辛かっただろうし、まして薬も利かなかったらますます不安が募るし・・・・
でも少しずつ回復してってるご様子、安心しました

次のデートはぜひうちのお店で!!


もすもす
2008/08/16 10:30
もすもすさん、お母様、お兄様とも帯状疱疹の経験ありなんですね。
おなかの帯状疱疹も痛いそうですね。
心臓の近くに帯状疱疹とは、それも怖いですね。。
耳はいろんな神経が通ってますからね。
私は大丈夫でしたが、味覚障害が出たりもするらしいです。
はじめは風邪だと思っていたのですが、痛いのがつらかったです。
まさかこんな病気にかかるとは思ってませんでした。
おかげさまでかなり快復を実感できています!
今度はお店にお邪魔します(^^)/

fan
2008/08/17 09:07
やはり、病名が確定するまで時間がかかりますね。
その間に症状がドンドン進むのに・・・。
私の知り合いの方も「ハント症候群」に罹られて大変でしたが、今は元気に生活していらっしゃいますよ。
fanさんも随分と良くなられたようで安心しました。
でも、無理は禁物ですよ〜(^O^)/
なつまま
URL
2008/08/17 18:15
なつままさん、近所のかかりつけじゃ大きな病気は見つからないんですね(^^;
リンパ腫にかかったことも伝えてるんだけど、ハント症候群を疑うこともないんですね。。
はじめの1ヶ月は大変だったけれど、ずいぶん楽になりました。
無理せずゆっくりします〜(^^)/
fan
2008/08/18 17:41
なんか,あらためて振り返ると本当大変でしたね。
しかも,具合悪いのに通院しなきゃで・・・そうなんですよねぇ,私も歩いちゃいけないのに通院は2日おきとかで,本当矛盾してますよね(^_^;)
この時に比べると,今の方がiphoneいじったりで回復してますよね!!でも,まだまだ無理はしないでくださいね!とっても前向きなfanさんは,体調良くなると無理しちゃいそうですからね(^_^;)
ブブ
2008/08/22 00:09
今から考えると、よく通ったなぁって感じです。
手すり必須、歩くスピードもお年より並みでしたから。
通院は、矛盾がいっぱいですね(^^;
めまいもだいぶ良くなってきましたが、それも最初の頃と比べるから楽に感じるだけかも。。
無理はしないつもりですが、会社にもそろそろ行かないと。
fan
2008/08/22 16:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハント症候群<前ぶれ> 闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる