闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 移植前期間 20日目/治療内容の説明と外泊

<<   作成日時 : 2007/05/26 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 27

今日は、来週に予定されている治療の内容説明がありました。

まず、前回の退院前にいろいろ検査した結果によると、呼吸機能に若干低下が見られるが、移植が禁忌になるほどではなく、他には特に障害となるようなものは見られないということです。
で、以前説明があったようにCT・ガリウムシンチの画像上は寛解と言えるが、これまでの治療の経過を考えると治癒をめざした治療として自家末梢血幹細胞移植を実施するのが最適と判断されています。

ということで、下記大量化学療法(前処置)および自家移植を実施予定。

5/31 サイメリン
6/1-6/4 ラステット、キロサイド
6/5 メルファラン

6/6 自家末梢血幹細胞移植

この大量化学療法によって、考えられる副作用としては
 ・吐き気・食欲減退
  →吐き気止めの投与
  →食事がとれなくなったら中心静脈栄養(点滴)
 ・粘膜障害(口内炎、下痢、腹痛など)
  →白血球が増え始めて少ししたら回復してくる
など。

移植のための幹細胞は私の場合5パック(1パック約75cc)あり、当日午前と午後に分けて点滴する。

このとき、幹細胞保存のための保存料も一緒にはいるということもあって人によってはアレルギー、吐き気、血圧変化、息苦しさが起こることがあるが、ほとんどは一時的なもの。予防のためにアレルギー予防の薬を事前に点滴する。
移植翌日から白血球をあげる薬を点滴で投与し始めるが、白血球が増え始めるのは平均的に10日後くらいで、早ければ7日くらい、遅ければ14日くらいかかることもある。
この白血球が増えるまでの期間で最も怖いのが感染症。ほとんどの場合軽い感染症と発熱が起こるが、重い感染症として肺炎、敗血症が起こる場合があるので注意。

赤血球は状況に応じて、血小板はほぼ確実に輸血の必要あり。

その他、まれに肝機能障害として黄疸、肝臓の腫れなどが起こる場合あり。
感染症は無菌室なので外からの感染というのはほぼ考えられず、自分が元々持つ常在菌やウィルスなどによるものと考えられる。
また、同種移植に比較して自家移植の場合は合併症は少なく、命に関わるような合併症が起こる可能性は無いとは言えないが、ごくまれである。

白血球の回復を待ち、順調にいったとして6月いっぱいは入院(無菌室で)となる。

長期的には、移植をしたとしても100%再発しない、とは言い切れない。
また、大量の抗ガン剤投与により二次発ガン(白血病など)の可能性も通常に比較すると高くはなる。しかし、現在のホジキンリンパ腫の治癒をまずはめざすということで、移植を行う。

メモ書きほぼそのままなので読みづらくてすいません
そんな説明でした。

あと、今回の点滴ではIVH(カテーテル)を使用しますが、私の場合はまず肘からのカテーテル挿入を試し、無理であれば鎖骨下からの挿入となるそうです。肘からのカテーテル挿入に関する同意書によると、
「中心静脈へのカテーテル挿入は、感染症に対する危険性を考え、鎖骨の下の静脈から行う場合が多いのですが、出血、気胸などの合併症が起こる可能性があります。血液疾患をお持ちの患者様は疾患のため、あるいは治療のため出血しやすくなることがあります。このような患者様で鎖骨の下の静脈へのカテーテル挿入を行いますと、血胸などの深刻な合併症を起こす危険性があります。そこで、出血による合併症を極力避けるため、肘の静脈から挿入を行います。」
とあります。肘からカテーテル挿入って聞いたことなかったんだけど、鎖骨下よりはなんとなく恐怖心は少ないので良かったかな

とりあえず、説明を聞いたので外泊。
明日の夜にまた病院に戻ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
お!アタシ、コメント一番乗りだ!!

久しぶりにコメントいれてみます。
いまさらの感想なんだけど、
無菌室って家族以外お見舞いできないんだね。。
残念だよ。。。
お見舞いに行きたかったのになぁ。
アタシも家族みたいなもんだ!ってことで、
ダメかな???
面会できるようになったら教えてね。

っつーか、こんなことメールしろって話だね(^_^;)
今夜は家族で川の字でお休みかな?
おやすみなさいzzz

あ、アタシ分かるよね!?
『あ』
2007/05/27 01:00
やっぱり移植って大変な治療なんだなぁ。とあらためて思いました。
応援することしかできないけれど、fanさんなら大丈夫!退院したらまた遊びに行きましょうね。
tetu
URL
2007/05/27 07:21
外泊が終れば、いよいよ移植へ向けて始動ですね。
私も応援しています♪fanさんもネオくんも治療が終わったら、私が関東に乗り込みますからねぇ〜!!
なつまま
URL
2007/05/27 08:24
あらためて、こういった説明を読むと、いよいよなんだな!ってドキドキしてきちゃいました。
いろいろ副作用もあるかもしれないけど、ファンくんなら、きっと乗り越えられます!応援してます!!!
みーこさん
2007/05/27 08:38
いよいよだね。
カテーテルは、埋めこみの外科手術したから、それをずっと利用できたけれど
肘にって見たことないな〜。
血小板はどうしても必要だね。キロサイト使うから・・・。
大丈夫!
みんながついてるよ〜(`-^*)〜☆ 見守ってるよ〜☆
うんとみ♪
2007/05/27 08:42
fanさん
愈々出陣ですね
遠い北海道からyuma○さん共々声援送ります!!
ROUBA
2007/05/27 09:08
カテーテル、肘からは珍しいですよね。
確かに鎖骨下は多少リスクが高いみたいです。
僕の場合は首から入れましたが、血管が堅くなっている為次回は鎖骨下から入れるみたいです。
でも、肘はちょっと鬱陶しいかも。
ネオ
URL
2007/05/27 10:07
肘なんて,あるんですね!
凄いfanさんヒーローですよ!!息子さんに報告しなくては!!私の母は鎖骨の下に抗癌剤投与してます.一昨日から抗癌剤してたので,昨日から副作用の眠気が出たみたいで半目開けながら昼食べてましたよ(笑)
fanさん,6月いっぱいは長いですけど一年のうちの1ヶ月と思って乗り切って下さい!病室の前に行って毎日でも応援歌歌ってあげたい気分です!歯がゆいですなぁ.
ブブ
2007/05/27 13:15
アレルギーや感染症などの他にも副作用いっぱいですね。ガッツで乗り越えてください、応援してます。
もすもす
2007/05/27 13:38
こうして説明とか聞くと、ホントいよいよだね〜
でも、この1ヶ月を乗り越えた後のことを考えると、楽しみだね^^
すべて終わって退院したら、また、みんなで集まってお祝いしようね♪
頑張れ〜☆
NON
URL
2007/05/27 16:42
先に横レスを失礼します…『あ』ちゃん!fanさんとの掛け合いを、もう一回見たいから応援しようね!

詳細、様々な段取り、頭の中グルグルですが…。順調にいって6月いっぱいかかるとのこと…面会などの制限はあるものの、ちょっと不謹慎かもしれませんが、梅雨のじめじめを外に出ずに過ごせるという部分では快適?!と…発想の転換をしてみたりした私なのでした。
無事乗り切られますよう、応援しております(^^)/~~~
桃蔵
2007/05/27 18:08
・・・やっぱり大変だ。
説明なので最悪の事を想定して話をしていると思いますが、副作用が軽く収まる事を含め全てがうまくいくといいですね。
しばやん
URL
2007/05/27 18:25
『あ』ちゃん、久しぶり〜!しかも1番乗りのコメント!なのに返事が遅くてゴメンよー(^^;
そうそう、みんなに来てもらいたかったんだけど、「ここから無菌室」のドアから先は極力入る人数を少なくしてリスク低減、という感じらしくダメなのです。家族みたいなものではあるのだけどね(^^)
もちろんわかりますよー(^^)v
fan
2007/05/27 21:22
tetuさん、今までほとんど副作用を感じずに来たけど、さすがに耐えられなくなるようです(^^;;;
でも、その中でも最低限の副作用だといいなぁと夢見て頑張ります!
応援ありがとうございます!退院したらまたみんなで公園に行きましょう♪
fan
2007/05/27 21:25
なつままさん、応援ありがとうございます!
おぉ!なつままさんが関東に来てくれるんですか!それはめちゃめちゃ大人数で大騒ぎのオフ会になりそうですね、楽しみです(^^)
でも私もとんこつラーメンとか明太子とか食べに行かなきゃ!
fan
2007/05/27 21:27
みーこさん、理由はないんだけど何となくまた大きな副作用なくあっさり乗り越えちゃうんじゃないかなぁと夢見てます。副作用が起きたら逆らわず受け入れて的確な対処をとることも心の隅に置きながら。
応援ありがとうございます!
fan
2007/05/27 21:30
うんとみさん、痛いのは嫌なので、外科手術なんて聞いたらもう(>_<)
でも局所麻酔で入れるんですよね。。
インターネットのおかげで皆さんの声が届き、力になります♪ありがとうございます!
fan
2007/05/27 21:40
ROUBAさん、北海道からの声援、しっかり受け止めます!ありがとうございます!
fan
2007/05/27 21:43
ネオさん、ネオさんは鎖骨下だと思っていたんですけど、首だったのですか。それもなんか怖いなぁ、顔に近いところに麻酔を打たれるなんて。。
肘からだと、やっぱり不自由になるんですかね?どうなるか想像付かないのですが、右手の予定なのでかなり不便になるかも。。(-_-)
fan
2007/05/27 21:47
ブブさん、やっぱり肘って珍しいですよね。でも承諾書とかこれが普通みたいに書いてあるしなぁ。。
私も前回の治療で異常なほどの眠気を経験したので、今回も寝ながらご飯食べてるかも(^^; (寝ながら何かするのは昔から得意ですから大丈夫(^^)(?))
これまで7か月も入院してたんだから、1か月なんてどうということはないです。その間ずっと辛い状態だったらそれはキツイかもしれないけれど。。
応援歌、気で伝えてください(笑)ありがとうございます!
fan
2007/05/27 21:52
もすもすさん、こう並べ立てられるともう訳が分からないですが、やってみなきゃ自分はどうなのか分からないですからね。。がんばります!
応援ありがとうございます!
fan
2007/05/27 21:53
NONさん、この1ヶ月を乗り越えた後のこと、私の頭の中はすでにそっちでいっぱいです(^^)v
また集まりに参加できる日を楽しみにしてます〜(^o^)/
fan
2007/05/27 21:56
桃ちゃん、掛け合いは『あ』と『ね』で、私は合いの手役です(^^;
いや、ホントにそうです。まだちょっと早いけど、じめじめしたときの電車なんて特に乗りたくないしね。空調完備の快適な部屋でカビの危険にもさらされず優雅に過ごさせていただきます(^^)
応援ありがとー!
fan
2007/05/27 21:59
しばやんさん、こう並べ立てると大変な感じがしちゃいますね。
でもこれを乗り越えた多くの人たちがいるわけだし、これまでの治療も大きい副作用もなかったのだからと、すべてがうまくいくことを夢見ています(^^)v
fan
2007/05/27 22:01
肘からのカテーテル、私も初めて聞きました。
こうして文章にしてみると大変な治療なんですね。。。
時間を刻まれている感じがしてドキドキしてきます。
パー子
2007/05/28 09:43
肘からのカテーテル、初めて聞きました。

こうして文字にしてみると大変な治療ですね!
時間を刻まれているようで、私がドキドキしてきます。๑→ܫ←๑┣¨キ┣¨キ
パー子
2007/05/28 16:57
パー子さん、やっぱり肘って珍しいですよね。でも血液疾患の場合は肘から、ダメなら鎖骨下、という順番らしいのです、うちの病院では。
皆さんをドキドキさせちゃいますが、本人はあまり緊張していません(^^)v
fan
2007/05/28 20:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
移植前期間 20日目/治療内容の説明と外泊 闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる