闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/1(水) Gaシンチと教授回診

<<   作成日時 : 2006/11/01 18:56   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

今日はガリウムシンチの撮影。ベッドに寝るとすぐに撮影開始。機械が目の前までおりてきて、それが足の方へ移動していきます。撮影は約10分で終了。7月頃に市立病院で撮影したときは30分以上かかった気がするのですが。。機械が高性能なのかな?
そういえば、撮影前に便を出しておく必要があるということで昨晩錠剤を2錠もらって飲みましたが何の反応もなく、そのまま撮影しました。いいのかな?
午後、教授回診。総合診療科の回診では特に何もなく、来週から治療だね、で終わり。血液内科の回診は初めてなので、教授による触診と聴診がありました。教授と担当医で、「外来じゃ無理だろう」「そうですね」との会話。覚悟はしていますが、やはり長期入院になりそうです。教授から、「入院長くなると思うけど、がんばって」との言葉をいただきました。

今週から、入院に向けて一日三回のうがいをするように言われました。イソジンガーグルと「500倍ファンギゾン含漱液」という2種類を使って。どちらもおいしくないので嫌いなのですが。
また、治療中は胃が弱くなるからと胃薬(ガスター20)も出ています。それから、これは治療が始まってからかと思いますが、便が硬くなるとまずいということで下剤(便秘薬?)も出すと宣言されました。
だんだん治療開始が近づいています。。。

本日の検査
Gaシンチ(撮影)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ガリウムシンチやりました。僕は検査の最中に眠ってしまいました。
ホジキンリンパ腫ということで僕とはタイプは違いますが
応援しています。一緒に病気に打ち勝つように頑張りましょう。
ネオ
URL
2006/11/02 17:34
いやぁ〜なんか懐かしい名前がいっぱい出てきました。
ガリウムシンチ。1回だけやりましたが、あまり覚えていません。確か、コレで撮った写真が『ここが患部ね!』って一番分かりやすかったです。
うがい。これもやってました。ファンギゾンって黄土色のような液体をスポイトで吸って口の中を転がすやつかな。イソジンでうがい→ファンギゾンですよね。
ガスター。これはずっと飲んでいました。内服薬も一杯飲んでました。
下剤。治療の途中で便秘気味(今まで経験無し)をうったえたら、酸化マグネシウムが処方されました。看護士さん達はこの薬を『カマ』と呼んでいました。
長期入院というと、半年位?入院中は長く感じましたが、意外と早かったような・・・退院する時には学校の卒業以上の感じがして、スタッフさんとの別れが寂しかったりもしました。
いろいろと大変な事もあるかもしれませんが、『前向きに!』ね!
しばやん
URL
2006/11/02 22:32
ガリウムシンチ、面白い画像でしたね。患部だけが黒くなってて…
みんな、同じ検査やってるんだね。ファンギゾンは知らないなぁ??
私は『イソジン』でした。あと、『酸化マグネシウム』ザラザラして飲み難い薬でした。治療が始まれば、色んな副作用が出て大変だけど頑張ろうね(^^)V
なつまま
URL
2006/11/03 08:17
手術痕等はいかがですか?夏場じゃないし、きちんと消毒されるでしょうから膿んだりしないとは思いますが…。私の知り合いで、脂肪が多いために、最も簡単と言われる虫垂炎の手術でくっつかなくて4週間入院したっていう人がいましたよ。従兄は何かで中身が癒着して14年後に腸ねん転で発見されるまでその盲腸の手術が原因の体調不良とは露知らずとか。…何の話してるんでしょう。。。笑わせたいのが脅かしたいのか、自分でも狙いが分からないんですけど(苦笑)私の方の傷は盲腸よりもいとも簡単に癒えましたよ(ご想像にお任せで)。
で、本題の病気のほう。知識がなにぶんないものですから月並みなことしかいえませんが、ちょっと本文や他の方のコメントから想像するに…実験で使った薬品?!みたいなのも飲んだりして検査するんですか(>_<)イソジンでうがいだって、私うがい下手なんで苦しいんですけど…。
あくせくしてきた分のご褒美にはちょっと苦しすぎるけど、体の完治に努めてください。朗報を待っております。
この場をお借りして、他の皆様のご回復も併せてお祈り、応援しております。ではまた。
Rata.(桃蔵)
2006/11/03 22:12
みなさま、いつもありがとうございます。
ネオさん、種類は違いますが「悪性リンパ腫」ですから、リアルタイム治療中同士、がんばりましょう!
しばやんさん、ファンギゾンは、うちの場合渡されるときに500倍に希釈されてて、1回分約100ml使います。イソジンよりはまずくない、と私は思います。入院は半年くらいですね。スタッフさんたちとは1日中おつきあいすることになりますから、確かに卒業以上の感じかもしれませんね。待ち遠しい!
なつままさん、「酸化マグネシウム」はまだ未体験ですが、ちょっと嫌な感じですね。。もらったらレポートします(!?)
Rata.さん、手術跡はまーったく問題なく、きれいなもんです。その下でははやくもリンパ節がまた腫れているようですが(;_;) 検査はホントいろいろです。放射物質の注射とか、口や鼻から管を入れたり、飲むものだと思っていたバリウムをオシリから入れられたり。。。あー、思い出したくないものもたくさん。
まぁそのおかげで異常が見つかる訳ですが、お医者様もすごいことを考えるなぁと思ってしまいます。
fan
2006/11/05 17:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
11/1(水) Gaシンチと教授回診 闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる