闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 消化器科で湿布

<<   作成日時 : 2006/08/02 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月2日水曜日、先週始まった腰の痛みがピークを迎え、どうにも我慢できないので、CTの結果も気になるし病院に行ってきました。この痛みも胸の痛みと同様年に数回起きる現象で、夜だけ、しかも起きてしまうほど痛んで、朝になると痛みが引いて昼は落ち着くという、なんともおかしな腰痛です。前回痛んだときは整形外科に行ったのですが、ヘルニアという訳でもなく、湿布を出されて数日で治っていました。でも湿布で治っているという感じはしてなかったのですが。
今回は夜が痛みのピークではあるものの昼も少し痛みを残していたので、おなかの腫瘍との関係も知りたくて主治医の先生は夏休みだと言うことは知っていたのですが病院へ。
CTを撮った放射線科の所見では、「リンパ節の腫れは縮小傾向」とあり、まずは一安心しました。しかし問題は腰の痛みなので、急いで対処しなくてもよいものなら痛み止めでいいから出して欲しいとお願いしたのですが、うーんと悩んでいます。確かに、普通消化器科で腰痛は診ないですものね。これまでの経緯をカルテを見ながら問診をうけ、その会話は「なんでうちで診てるんだっけ?」「元々は脾臓に陰があるということで精密検査を受けるように言われて来たんですけど」「で、何で消化器科?脾臓は消化器じゃないけど」
え!?なんという驚くべき発言。主治医の先生はそんなこと一言も言わずにいろいろ検査してくれてますが、親切でやってる、みたいな感じ??もともとの紹介先が間違ってるのか??
まぁともかく、今は腰が痛いことが問題なので、一応触診してもらいましたが、背中に湿疹があるのに気づき、なにこれ?と。そう、私は1年ほど前から全身に湿疹ができていて、これは皮膚科で診てもらっているのですが、ステロイド剤で湿疹が消え、別のところに湿疹ができ、治ると同時にまた別のところ・・・というような感じなのです。それを見て、やっぱり全身性の何かなんだよねぇ?うちじゃないんじゃない?と。
とりあえず、湿布を出しておくから、来週月曜に主治医の先生と話すようにと言われ、帰宅。全身性の疾患ってどこで診てもらえるのか??が気になりながら、帰宅したのでした。
しかし、痛み止めの飲み薬を期待していたのですが、もらったのは湿布。まさか消化器科で湿布をもらうとは思いませんでした。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
消化器科で湿布 闘病記。〜ホジキンリンパ腫 IV期〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる